フォアマン氏、タイソン氏の記録更新を“予言”「いい相手に当たればKOも可能」

[ 2020年12月2日 05:30 ]

ジョージ・フォアマン氏
Photo By スポニチ

 ボクシングの世界ヘビー級王者として45歳の最年長記録を持つジョージ・フォアマン氏(71)が元統一王者マイク・タイソン氏(54)による記録更新に期待を寄せたとUSAトゥデー紙が30日に伝えた。

 28日に行われた元4階級王者ロイ・ジョーンズ氏(51)とのエキシビションマッチを振り返り「タイソンは素晴らしかった。本当によくやった。信じられなかった」と称賛。今後に関しても「今回のように体調を整え、全てがうまく運べば世界戦の機会を得ることができるだろう。いい相手に当たればKOも可能」と見通しを語った。28歳の引退から10年後に現役復帰し、45歳で世界王者に返り咲いたフォアマン氏の“予言”が当たれば大幅な記録更新となるが…。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2020年12月2日のニュース