お騒がせ男健在!?タイソン氏、試合前に大麻「痛みではなく俺自身をまひさせるんだ」

[ 2020年12月1日 05:30 ]

エキシビションマッチの3ラウンド、ジョーンズ氏(右)を攻めるタイソン氏(AP)
Photo By AP

 ボクシングの元世界ヘビー級統一王者マイク・タイソン氏(54)が28日に行われた元4階級王者ロイ・ジョーンズ氏(51)とのエキシビションマッチで、大麻を使用した上でリングに上がっていたことを告白したとUSAトゥデー紙が29日に伝えた。

 試合直前に大麻を吸ったか問われたタイソン氏は「もちろん」と回答。「吸うのはやめられないよ。毎日吸っている。痛みをまひさせるのではなく、俺自身をまひさせるんだ」と打ち明けたという。

 米国では医療用大麻に加え、試合が行われたカリフォルニア州など一部の州では娯楽用としても解禁されている。今回の試合前に行われた薬物検査でも大麻は対象外。同氏は大麻農園も経営しているが、心身に影響を及ぼす薬物を吸って15年ぶりのリングに上がるのは高リスクで、お騒がせ男のDNAは健在だった!?

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2020年12月1日のニュース