尚弥「調子イイ!自分自身に期待」 渡米後初練習で好調アピール

[ 2020年10月22日 05:30 ]

トップランク社のジムで初練習を行った井上尚弥(大橋ジム提供)
Photo By 提供写真

 米ラスベガスに滞在中の井上は、契約を結ぶトップランク社の施設で渡米後初のジムワークを行った。シャドーやサンドバッグ、ミット打ちなどのメニューを消化。SNSに「初練習終えて改めて調子がイイ!自分自身に期待したい」(原文まま)と投稿し、好調さをアピールした。

 この日、大橋会長ら後発隊が渡米。マッサージを担当する山岸大介氏も同行した。これまでも井上の世界戦前に体のメンテナンスを担当してきたが、海外まで出向くのは今回が初めて。井上の強い希望で同行が決まったという。約1年ぶりの試合にも山岸氏は「この期間で進化している。特に変わったのは背中の筋肉。破壊力も増しているはず」と太鼓判を押す。自身の肉体を知り尽くす強力な援軍を得て、井上はハロウィーン決戦に向けて現地で調整を続ける。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2020年10月22日のニュース