公開練習なのに練習は見せず…皇治 9・27那須川天心戦へ「何が起こるかお楽しみに」

[ 2020年9月21日 15:18 ]

公開練習で練習を行わず、質疑応答のみだった皇治
Photo By スポニチ

 総合格闘技イベント「RIZIN.24」(27日、さいたまスーパーアリーナ)で那須川天心(22=TARGET/Cygames)と対戦する元K―1ファイターの皇治(31=TEAM ONE)が21日、「RIZIN FF」公式YouTubeチャンネルで公開練習に臨んだ。ただ、「練習?やらないですよ。そんもん。こっちは秘策があるんで見せへん」と、練習は行わず、質疑応答のみとなった。

 那須川との大一番まで残り1週間を切った現在の心境を問われると、「やる気満々やったんですけど、(テレビ中継が)全国放送だと聞いていたのに関西でやらへんと聞いたんで、むっちゃテンション下がった」と不満を漏らしたが、「試合は大丈夫です。やることは一つなんで。覚悟は試合が決まった時からできている。日本中をひっくり返すような試合をします」と言い放った。

 契約期間が残っていたK―1に自ら違約金を払ってRIZINに電撃移籍。無敗の那須川との対戦は絶対的に不利が予想され、さらにK―1時代より1.5キロ多く減量を強いられるが、「減量はマイナスしかない。ハラ減るんで…。でも、それを言い訳にはしない。より不利になると言われるけど、この通り元気だし、痩せて男前に磨きがかかってきた」とジョークを交える余裕さえ見せた。

 スピードとテクニックを兼ね備える那須川に「根性で対抗する」という皇治。「ファイターとして強くなることが目標ではなく、天心を泣かすためだけのトレーニングをしてきた。それを出すだけなので簡単ですよ」と攻略に自信を示す。那須川が早期KOを予告していることを聞いても「初っぱなの30秒なのか、中間の30秒なのか、ラストの30秒なのか、それは言えないけど、その30秒にアレを…そこが一番の見せ場やと思っているので、何が起こるか、お楽しみにして下さい」と不敵に笑った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年9月21日のニュース