個性派巨体レスラー、ジャイアント・キマラさんコロナ死、70歳…アンドレ、馬場らと激闘

[ 2020年8月12日 05:30 ]

 全日本プロレスなどで活躍したジャイアント・キマラ(本名ジェームズ・ハリス)氏が死去したと、世界最大のプロレス団体WWEが10日までに発表した。70歳だった。関係者は新型コロナウイルスの影響による疾患が原因と明らかにした。

 米国出身で黒人のキマラ氏はウガンダの部族出身をイメージして顔や体に派手なペイントを施すなど、2メートル、181キロのサイズを生かした個性派レスラーとして人気を集めた。ハルク・ホーガンやアンドレ・ザ・ジャイアントと対戦し、全日本ではジャイアント馬場らと闘い、アブドーラ・ザ・ブッチャーとも共闘した。近年はさまざまな病気に悩まされ、糖尿病で両脚を切断していた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年8月12日のニュース