コロナ感染拡大の大阪ジム 新たに2人「陽性」…計11人に

[ 2020年7月24日 05:30 ]

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)
Photo By 共同

 日本ボクシングコミッション(JBC)は23日、日本プロボクシング協会(JPBA)に加盟する大阪府内のジムで練習を行ったアマチュア選手2人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。22日までにPCR検査で陽性と判明。ともに20歳代の男性で、ジム所属ではないという。

 このジムでは22日までに9人の感染が確認されており、関連する感染者は計11人となった。感染拡大を受け、JBCとJPBAの新型コロナウイルス対策連絡協議会は、全加盟ジムに対して出稽古(所属ジム以外でのスパーリングなどの練習)の自粛、日本ボクシング連盟登録のアマチュア選手との交流自粛を要請した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年7月24日のニュース