田中V3戦はKOで一致!内藤大助氏&内山高志氏がトリプル世界戦勝敗予想

[ 2019年12月25日 15:40 ]

羽田空港でトークショーを行った内山高志氏と内藤大助氏はともに井岡の勝利を予想
Photo By スポニチ

 大みそかに行われるボクシングのトリプル世界戦(大田区総合体育館)のフェースオフ・イベントが25日、羽田空港国際線ターミナルの「江戸舞台」で行われた。イベント前には元WBC世界フライ級王者・内藤大助氏(45)と元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志氏(40)のトークショーも行われ、2人が現役時代の経験などを交え、試合の勝敗を予想した。

 大みそか決戦まで残り6日。約9キロ減量していた内藤氏とほとんど減量のなかった内山氏は6日前の過ごし方も対照的だったが、最も注意していた点に「風邪をひいたり、怪我をしないこと」を挙げ、コンディションづくりの重要性を説いた。

 試合の結果予想はWBO世界フライ級王者・田中恒成(24=畑中)がともに「KO勝ち」と予想したが、WBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(30=Reason大貴)については内山氏が「判定勝ち」、内藤氏は「12回判定か終盤KO」と、微妙に分かれた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2019年12月25日のニュース