初防衛決めた京口 応援の武井壮「総合力で勝てたと思う」

[ 2019年6月19日 21:53 ]

初防衛に成功した京口の応援に来た武井
Photo By スポニチ

 WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ(19日 千葉・幕張メッセ)で初防衛戦を制した京口紘人(25=ワタナベ)の応援団として、タレントの武井壮(46)が会場に姿を現した。

 試合を振り返り「タフな相手でかなり大変だったと思う。防衛できて安心した」とニコリ。相手の打撃は強烈だったとするも「攻撃は単発で連打してくる感じ。キョウ(京口)のほうが有効打が多かった印象がある」と分析。「総合力で勝てたと思う」と、”百獣の王”は語った。

 SNSで京口が武井のファンだと公言し、メッセージを送ったことがはじまり。昨年に仲間内で食事に行ったことをきっかけに、今では2人で食事にも行くという。京口から「防衛戦、見に来てくださいよ」と誘いを受け、多忙なスケジュールの合間を縫って応援に駆けつけた。

 京口の印象について「最前線で活躍するアスリートだし、いい後輩」。以前から「チャンピオンになったら、飯おごってください」と言われていたという。ご褒美に「今度、おいしい焼肉の店に連れて行きます」と笑顔を見せた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年6月19日のニュース