井上尚弥に海外メディア注目 ESPN絶賛「パウンド・フォー・パウンド最強」

[ 2019年5月16日 20:01 ]

<WBSS準決勝>対戦相手のロドリゲス(右)と向かい合う井上尚弥(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)準決勝(18日、英グラスゴー SSEハイドロ)が2日後に迫り、WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(26=大橋)に海外メディアの熱視線が集まっている。

 公式会見から一夜明けた16日、米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」はトップ扱いで井上を特集。IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)との一戦を“井上の今後を占う重要な試合”と位置付けた。また、米スポーツ専門局「ESPN」(電子版)は「パウンド・フォー・パウンド(PFP)最強」と絶賛する記事を掲載。同日付の英紙は、スーパーライト級準決勝に臨むジョシュ・テイラー(28=英国)が地元スコットランド・エディンバラ出身とあり、テイラー一色だったが、世界レベルでは井上に対する注目度が高まっている。

 井上は自身のインスタグラムに新たな写真を投稿。「全ての準備は整ったよ!後は計量をクリアするだけ!待ち遠しいなぁ」と心境をつづった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年5月16日のニュース