谷口に聞く「のらりくらりと取られた」「もう一回やり直し」

[ 2019年2月26日 23:14 ]

WBO世界ミニマム級タイトルマッチ12回戦   ●同級2位・谷口将隆 判定 王者ビック・サルダール○ ( 2019年2月26日    後楽園ホール )

<WBOミニマム級 サルダール・谷口>試合終了を知らせるゴングに対照的な反応を見せるサルダール(左)と谷口 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 【谷口に聞く】

 ――試合を終えた感想は?

 「はぐらかされた感じ。のらりくらりとポイントを取られた。パンチを当ててはいたけど、リターンをもらったり、自分の持ち味の引き出しが相手が上だった」

 ――採点は大差になった

 「ポイントには納得しています」

 ――サルダールの印象は?

 「やっぱ世界チャンピオンは強かった。もっと行けると思ったけど、甘かったですね」

 ――今後について

 「少し休んで、もう一回やり直しです。自分はまだ世界に行ける人間じゃなかったということ。改めて土台をつくたい」

 ――今の力は出し切れた?

 「完敗とは認めたくない。まだ余地はあると自分の中では思いたい。僕にはまだ(世界戦は)早かった。もっと遠回りしろということだと思います」

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年2月26日のニュース