高田延彦 メイウェザーに怒「現時点では裏切り」「彼は契約を締結している」

[ 2018年11月13日 15:43 ]

高田延彦
Photo By スポニチ

 総合格闘家でタレントの高田延彦(56)が12日、インターネット番組「高田横粂の世相談義」(後8・55)に出演。大みそかの格闘イベント「RIZIN」で那須川天心(20=TARGET/Cygames)との試合について「那須川との公式な対戦には決して合意していない」と試合を取りやめるとも取れる意向を示したボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(41=米国)について言及した。

 「RIZIN」の統括本部長を務める高田は「この話(対戦)が決まって、記者発表前までのストーリーはすべて把握しておりました。報告も受けていました。ですが、記者会見の後に(メイウェザーが)世界に発信したSNSのコメントに関しては知る由もない」とし、「まったく意図が分からない。コメントのしようがない。どうなっているんでしょうか?逆に本人に教えていただきたい、というのが私の本音」とまくし立てた。

 「わざわざ日本に来日して約束通り並んで記者会見してコメントも発表した。天心へのコメントも発表して、フォトにも収まっている。あんな言葉が出るなんてことは露ほどにも予想していなかった」とメイウェザーの発言に呆れた様子で、「全世界のメイウェザーのファンの方含めて、期待していただいているファンへの、現時点では裏切りのコメントとしか解釈できない」と言葉に怒りをにじませた。

 一方で、「あくまで憶測」と前置きしつつ「当然これだけの選手ですから取り巻きも多いし、いろんな人が彼を1つの商品としてコントロールしたいと思っている。いろいろな思惑の中で生きている。本人がそういう気持ちであっても、足を引っ張るような見えない力が働いた可能性がある」と裏にある事情を推測。「彼は契約を締結しているし、記者会見で自分でやることを表明している。1つ言えることは彼がリングに上がるまでは予断を許さない、ということ。ここまで来たなら、やってくれよと。世界中のファンがこの戦いを待っている」と呼びかけていた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「村田諒太」特集記事

2018年11月13日のニュース