難病の長男が結んだボクシングとの縁…馬場裕一プロ2勝目「もっと病気を知ってもらえたら」

[ 2018年10月31日 19:45 ]

ドラベ症候群啓発活動のうちわを手にする馬場裕一
Photo By スポニチ

 プロボクシングのDanganは31日、東京・後楽園ホールで行われ、ミニマム級4回戦で馬場裕一(34=FLARE山上)が田中雅波(31=北澤)に2回TKO勝ち。プロ2勝目(3敗)を挙げた。

 2回にカウンター気味の強烈な右フックでダウンを奪うと、その後は一気に攻勢を強めて再び右フックで田中ぐらつかせ、猛ラッシュ。1分59秒、レフェリーが試合を止めた。「ちょっと手数が少なかったけど、距離をとって(パンチを)もらわない、いいボクシングができた」と胸を張った。

 22歳でプロデビュー。その試合で2回TKO負けし、ボクシングを離れたが、33歳で再びリングに戻ってきた。理由は子供の病気にあった。3人の子供のパパ。現在5歳の長男が生後3カ月で指定難病の「ドラベ症候群」(乳児重症ミオクロニーてんかん)を発症。一昨年、発作を起こした長男が病院へ緊急搬送された時に偶然、FLARE山上ジムを見つけた。

 「何日か過ぎて落ち着いたころにチラシをもらいに行って体験もさせてもらった」という馬場。最初は週1、2回体を動かす程度だったが、会長やトレーナーの勧めもあり「病気の啓発活動というか、多くの人に病気のことを知ってもらえたらと。自分にはボクシングぐらいしかなかったので」と本格的に再開。昨年10月にプロテストを再受験し、ライセンスを再取得。今年2月に再デビューを果たした。

 5月にプロ初勝利を挙げ、これが2勝目。「病気のことを知ってもらうためにも、もっともっと勝たないと。日本王者になれれば理想だけど、年齢のこともあるし、今はできる限り続けていくことが目標」と話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年10月31日のニュース