日向野知恵VS成田佑美の王座決定戦は引き分け 国内女子3例目「こんなこともあるんだ」

[ 2018年10月31日 22:18 ]

<日本女子ミニマム級王座決定6回戦>引き分けに終わった日向野知恵(右)と成田佑美(左)
Photo By スポニチ

 ボクシングの日本女子ミニマム級王座決定6回戦は31日、東京・後楽園ホールで行われ、同級1位の日向野知恵(34=スパイダー根本)と同級2位の成田佑美(29=姫路木下)が激突。58―57、56―58、57―57と3者3様の判定で引き分け。新王者が誕生しなかった。日本ボクシングコミッション(JBC)によると国内女子の王座決定戦での引き分けは3例目という。

 4度目のタイトル戦で悲願のベルト獲得を目指した日向野は「非常に残念です。こんなこともあるんだと思った」とキャリア初のドローに驚き「こういう気持ちなんですね。すぐにでも再戦したい」と前を向いた。

 一方、タイトル初挑戦の成田は「気持ちでは負けない」と話していた通り、自分の本来のスタイルではない接近戦で日向野と互角に渡り合った。左ジャブ、右ストレートなどクリーンヒットも多かっただけに予想外の結末に号泣。「誰が見ても勝ちという試合ができなかったから…」と悔しがっていた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年10月31日のニュース