王座剥奪の比嘉、謝罪文発表「プロとしてとても恥ずかしい」

[ 2018年4月17日 01:45 ]

ロサレスに敗れ謝りながら引き揚げる比嘉
Photo By スポニチ

 体重超過のために世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王座を剥奪され、15日の試合でTKO負けして16戦連続KO勝利の日本新記録を達成できなかった比嘉大吾は16日、所属する白井・具志堅スポーツジムのホームページで「試合をするための大前提である、体重を作るという事が出来なかったのはプロとしてとても恥ずかしいことです」などとする謝罪文を発表した。

 ジムの具志堅用高会長は「結果的にこのような事態を招いた全責任は会長である私にあります」とのコメントを出した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「村田諒太」特集記事

2018年4月16日のニュース