比嘉、具志堅会長が沖縄県民栄誉賞を辞退 「2人の気持ちに配慮」

[ 2018年4月16日 16:56 ]

 沖縄県は16日、体重超過のためボクシングのWBC世界フライ級王座を剥奪された比嘉大吾(22)と所属ジムの会長で元世界王者具志堅用高氏(62)が沖縄県民栄誉賞を辞退したい意向を示したため17日に予定していた表彰式を取りやめると発表した。

 翁長雄志知事は「2人の気持ちにも配慮した。ぜひ受けてもらいたいと考えており、相談しながら進めたい」とのコメントを出した。比嘉に対しては「さらに精進し、これまで以上に活躍されることを期待している」とエールを送った。

 比嘉は世界戦に臨む日本選手初の計量失敗で3度目の防衛戦を前に14日に王座を失った。試合は15日に実施されたが、プロ初黒星を喫し、16試合連続KO勝利の日本新記録はならなかった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「村田諒太」特集記事

2018年4月16日のニュース