新王者ロサレス 比嘉撃破に喜び「満足している」

[ 2018年4月16日 05:30 ]

WBC世界フライ級タイトルマッチ   ●前王者・比嘉大吾 9回1分14秒 同級2位・ロサレス○ ( 2018年4月15日    横浜アリーナ )

9R、ロサレス(左)のパンチを食らう比嘉
Photo By スポニチ

 新王者のロサレスは「大変幸せだし、満足している。待ちに待った瞬間だったからね」と目尻を下げた。

 ラウンドを重ねるごとに比嘉のギブアップを予感していたという。「今日は比嘉の強さは感じなかった。だからパンチの応酬に臨めた」。後半に入ると足を止めて打ち合い、勝利を確信。「最後の9ラウンドは全くパンチを打ち返してこなかった」と最後まで拳を出してベルト奪取に成功した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「村田諒太」特集記事

2018年4月16日のニュース