王者ディアス練習公開「コンディション完璧」

[ 2013年4月3日 17:19 ]

 世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフェザー級タイトルマッチ(8日・両国国技館)で同級10位の三浦隆司(帝拳)の挑戦を受ける王者の32歳、ガマリエル・ディアス(メキシコ)が3日、東京都内で報道陣に練習を公開し「コンディションは完璧だ。最後に私の手が上がる試合を見せたい」と初防衛に自信を示した。

 スパーリングをせず、ミット打ちなど軽めの調整だった。挑戦者について「パワフルな選手。ただ、自分のパワーに頼っている」と指摘。昨年10月に東京で粟生隆寛(帝拳)から王座を奪取したため「日本は特別な場所」と位置付け「三浦は死に物狂いでくるだろうが、勝つためにきた」と語った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2013年4月3日のニュース