ヤクドラ3右腕 開幕ローテ当確 小川監督「今の球なら安心」

[ 2014年3月19日 07:48 ]

<ヤ・神>無人のスタンドを背に力投するヤクルトの秋吉

練習試合 ヤクルト10―4阪神

(3月18日 神宮)
 ヤクルトのドラフト3位・秋吉が開幕ローテーション入りに当確ランプをともした。初先発した11日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で4回1安打無失点。この日も強風の中、丁寧に低めを突く投球を見せ5回1失点と好投し、「直球で押して詰まらせる自分の持ち味は出せた」と充実の汗を拭った。

 神宮が改修工事中のため異例の無観客試合となったが、持ち味の雄叫びをとどろかせて虎退治に成功。見守った小川監督も「今の球なら安心」と合格点を与えた。チームは昨季、小川が16勝を挙げ、最多勝と新人王を獲得。秋吉も「死にものぐるいで勝負したい。2桁勝利を挙げたいし、新人なので新人王を狙いたい」と続く構えだ。横手投げの変則右腕のデビューは、開幕2カード目となる4月1日からの広島3連戦(マツダ)が有力だ。

 ▼ヤクルト・高津投手コーチ(秋吉について)まだ100点とは言えないが、前々回の登板で7失点した試合からよく勉強してくれている。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月19日のニュース