建山 レ軍とマイナーで再契約 来春キャンプでメジャー昇格だ

[ 2012年12月22日 06:00 ]

古巣レンジャーズとマイナー契約が決まった建山は札幌で体を動かした

 レンジャーズは20日(日本時間21日)、FAとなっていた建山義紀投手(36)とマイナー契約で再契約に合意したと発表した。来春キャンプには招待選手として参加し、メジャー昇格の時点で契約が切り替わる「スプリット契約」。大リーグ関係者によれば、5球団からマイナー契約のオファーが届いていた。

 この日、建山は札幌市内の古巣日本ハムの室内練習場で自主トレ。「これで落ち着いて正月を迎えられる。(再契約の理由は)レンジャーズが一番熱心だった」と語った。レ軍は上原、アダムズの両セットアッパーが移籍。招待選手の救援投手は現時点で他に6人いる中、「メジャーで生き残るというより、メジャーの座を奪うという感じ。アピールしないといけない」と競争を勝ち抜く。

続きを表示

2012年12月22日のニュース