PR:

ひたすら前へ 公務員ランナー川内激走「頭の中に日の丸が浮かんだ」

2時間9分57秒で、日本人トップの3位でゴールする川内優輝
Photo By スポニチ

福岡国際マラソン
(12月4日 平和台陸上競技場発着)
 福岡国際マラソンで日本勢トップの3位に入った、埼玉県庁勤務の公務員ランナー、川内優輝(24)は、9位から猛烈な追い上げを見せた。

 最後は粘って2時間9分台を残り3秒というところでキープしてゴール。「前の選手を追っている間に、頭の中に日の丸が浮かんだ」と川内。「前に行ければ何とかなると思っていた」という言葉通り、歯を食いしばって、前だけを見つめての後半の力走だった。

 これでロンドン五輪へ前進した。「野性の勘というか本能だけで走った。苦しいけれど一番好きな場面」と完全燃焼。ゴール直後、倒れこみ係員に運ばれたが、落ち着きを取り戻すと「気持ちのいいレースができた」と語る笑顔がまぶしかった。

[ 2011年12月4日 17:37 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:10月22日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画