PR:

東京五輪の男子代表監督に森保氏 西野技術委員長「知識が豊富でいろいろなことに対応できる」

森保一氏
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会は12日、都内で理事会を開き、20年東京五輪の男子日本代表監督として、前広島監督の森保一氏(49)の就任を決めた。

 現役時代は守備的MFとして日本代表で活躍。12年から今年7月まで広島の監督を務め、J1リーグ3度の優勝に導くなど黄金時代を築いた。現役時代にアナウンス、公式記録などで「森 保一」と間違えられることが多かったため、愛称は「ポイチ」。現在は欧州に滞在中で帰国後に就任会見を開く見通しだ。

 原則23歳以下の選手で戦う東京五輪代表の活動は12月にタイで開催される国際大会でスタートし、来年1月のUー23アジア選手権が初の公式大会になる予定。監督の人選を一任されていた西野朗技術委員長(62)は「Jリーグの中でも最高の実績を残した指導者。監督を要請して快く引き受けていただいた。サッカーに対する知識が豊富でいろいろなことに対応できる。若者対するアプローチも上手い。着実に選手、チームが成長するチームづくりをしてもらいたい」と語った。

[ 2017年10月12日 17:16 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:12月12日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム