PR:

G大阪FW長沢 代表の同僚倉田らから刺激、ゴール量産へ「自分も…という思い」

 明治安田生命J1リーグは4月1日に再開する。G大阪はアウェーで新潟と対戦。FW長沢駿(28)は身近な3選手を刺激にゴール量産を誓った。

 3月のロシアW杯アジア最終予選2試合では、同僚のMF倉田秋(28)とMF今野泰幸(34)が選出された。「あんまり呼ばれていなかった選手が、パッと呼ばれてあれだけのプレーができた。やっぱり試合に出場し続けて、良いプレーしていればできるんだと思いました」と“常勝”G大阪のレギュラーとしてプレーする意義の大きさを実感。そして「能力の高さは知っていた。代表戦で活躍したけど、特別な驚きはないですよね」とJ2京都時代の12年に1年間プレーしたFW久保裕也(23=ヘント)の名前を挙げた。

 「身近な選手が活躍している姿を見て自分も…という思いはある」とハリルホジッチ監督が名指しで評価する1メートル92の大型ストライカーは力を込める。「諦めずに頑張りますよ」。悲願の代表入りへ、まずは新潟戦でゴールを奪い取る。

[ 2017年3月31日 19:33 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月22日05時〜06時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム