PR:

横浜解体危機…学は欧州移籍視野、中町はFC東京から正式オファー

天皇杯準決勝   横浜0―2鹿島 ( 2016年12月29日    ヤンマー )

<鹿島・横浜>鹿島に敗れ、ガックリの斎藤(左は中沢)
Photo By スポニチ

 横浜の主力が大量移籍する可能性が出てきた。

 今季で契約満了する日本代表MF斎藤学は「将来を見据えてどういった道に進むべきか考えたい。まだ何も決めていない」と話した。既にドイツ2部ボーフムが獲得に動くなど複数の欧州クラブがリストアップ。川崎Fからも正式オファーが届いた。海外志向の強い斎藤が今冬、欧州挑戦する可能性は高い。

 またFC東京が31歳のMF中町公祐獲得に向け、正式オファーしたことが判明。今季は守備的MFで31戦6得点。篠田監督とは10〜11年の福岡時代に師弟関係にあり絶大な信頼を置かれている。33歳のGK榎本哲也は浦和移籍が決定的。札幌も31歳のMF兵藤慎剛獲得に動く。新潟、福岡が獲得に動いた33歳のDF栗原勇蔵は残留の方向だが、30歳以上の選手を中心に今後は流動的だ。若手ではU―19日本代表FW和田昌士がJ2山口に期限付き移籍する。

 一方、柏からDF山中、新潟からDF松原を獲得、名古屋の元日本代表MF扇原、徳島GK杉本の獲得が決定的。大宮MF泉沢、2桁得点狙える外国人FWの獲得にも動いている。 天皇杯 日程&結果  4回戦以降の組み合わせ

[ 2016年12月30日 06:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:09月22日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム