PR:

後味の悪い大敗…G大阪 集中力欠如で5失点

<鹿島・G大阪>「鹿島5-0G大阪」のスコアを背にガックリのG大阪・遠藤

J1第8節 G大阪0-5鹿島
(4月28日 カシマ)
 G大阪は“ぐうの音”も出ないくらいG大阪はボコボコにやられた。シュート数は6対21。鹿島に先制を許し、リーグ開幕から8試合連続で追う展開となり、終わってみれば09年11月28日・鹿島戦以来の5失点。96年5月4日・柏戦以来16年ぶりの5点差以上黒星を喫し、リーグ連勝は「2」でストップした。

 この試合を象徴するシーンが後半ロスタイムのプレーだった。縦パスに反応してエリアを飛び出したGK藤ケ谷が、まさかの“空振り”失点…。すでに4点差で大勢は決していたとはいえ、明らかに集中力の欠如から出たミスだった。

 「一つの自分たちのミスから、こういう結果になる。サッカーの怖さをあらためて知った」と松波監督。前半は互角以上の戦いを見せたが、「後半の早い時間に簡単にやられてガクッときてしまったのは事実」と日本代表DF今野が反省したように、後半8分に2点目を許した後は“張られたら張り返す”気概は見られず、空虚な時間だけが流れた。

 足が止まり、ミスを連発。好守の切り替えも遅く、簡単に中央突破を許す。ポストやバーに当たっていなければ、2ケタ失点していてもおかしくないほど。日本代表MF遠藤は「3―2で負けるよりは開き直りやすい」と前を向いたものの、DF中沢は「試合を無駄にしてしまった…」と目を真っ赤にし下を向く。

 試合後は場外で両軍サポーターが衝突する一幕もあった。黄金週間初日から後味の悪さだけが残った。

[ 2012年4月29日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:07月25日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム

      スペシャルコンテンツ