PR:

キムラ緑子 設定19歳に「気持ちが大事 心の底からそのつもりで」

早くも息の合った掛け合いで笑わせた(左から)渡辺えり、キムラ緑子
Photo By スポニチ

 女優の渡辺えり(63)とキムラ緑子(56)が13日、大阪市内で、2月16日に大阪松竹座で共演する「喜劇 有頂天一座」(23日まで)の記者会を行った。

 昭和初期には全盛を誇ったものの、その後衰退の一途をたどる女剣劇一座を舞台に座長(渡辺)と若手女優(キムラ)の闘いを軸にした傑作コメディー。初代水谷八重子さんや当代の八重子、波乃久里子も演じてきたが、関西での上演は今回が初。

 劇中劇で「国定忠次」や“宝塚歌劇もどき”の場面、タップもあるそうで、キムラは「話を聞いてすぐにタップを習い始めました。追いつけるか分からないけれど、やるだけのことは…」と殊勝に語ると、渡辺は「(タップの)先生の予約だけはしたんだけど(笑)。稽古場で一生懸命やってたらねんざしちゃって。でも今は治ってきたから大丈夫かしら」。

 舞台では、キムラが当初19歳という設定で「気持ちが大事。心の底からそのつもりでやってます」と胸を張った。しかし、これにもなぜか渡辺が「こないだ手相見てもらったら“手相は16歳”って言われたの、私」と負けん気を出し笑いを誘っていた。

 2人は舞台を主戦場として長く活躍し、何度も共演したことがあり、この日も漫才の掛け合いのようなやり取りを展開していた。

[ 2018年1月13日 18:35 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:01月18日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル