PR:

STU3人に千鳥が太鼓判 大阪でTV収録、ロケに罰ゲームも

会見に臨んだSTU48の石田みなみ、今村美月、藤原あずさ、千鳥の大悟、ノブ
Photo By スポニチ

 関西テレビ「STU48×千鳥 瀬戸内少女応援団」(28日、深夜1・00、近畿中四国ローカル)の収録が12日、同局であり、千鳥の大悟(37)、ノブ(38)、STU48の石田みなみ(19)、今村美月(17)、藤原あずさ(19)が会見に臨んだ。

 AKB48の国内6番目の姉妹グループとして瀬戸内7県を本拠地として昨年3月に誕生したSTU48。今月31日にシングル「暗闇」でメジャーデビューする。広島、岡山、兵庫の3カ所でロケ。藤原は千鳥・大悟の故郷である岡山・北木島を訪れ、大悟の父親の車で送迎してもらい、大悟の実家で母親の手料理を口にした。「島のいたる所に千鳥さんのポスターがありました。ファミリー感が凄かった。ハートの強さを学びました」と藤原。大悟の思い出のものを探すなど、9項目の指令をクリアするビンゴに挑戦した。

 今村ら広島ロケ組は遠距離恋愛カップルにまつわる恋愛クイズを調査してスタジオのメンバーに出題。「私の言った面白くないところを、千鳥さんの返しで面白くしていただいた」と今村。石田ら兵庫ロケ組は淡路島のグルメを探索してクイズにする内容。「千鳥さんから、スベった時の対応をこうするんだと学んだ」と石田。3人とも罰ゲームを課され「辛い物、痛いモノ、一生の汚点も…」と石田は笑わせた。

 「10代なのにちゃんとしゃべれる」とノブ。大悟は「今のままでちょうどいい」と結成1年に満たないSTU48の新鮮さを強調した。岡山弁、広島弁、関西弁など方言を使うことについて「ワシらとかぶるからやめてほしい」と大悟。ノブは「クセはいい意味でまだ、ない。かれんなピュアな感じ」と話したが、ニューシングルのタイトルが「暗闇」であると聞き「大クセタイトルじゃ。気になる。でも、楽しみ」と語り、大悟も「番組はアイドルがあんな罰ゲームをやると芸人の仕事がなくなる。芸能人ぽくないところが見どころです」とアピールした。

[ 2018年1月13日 05:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:01月19日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル