PR:

清宮 初日から全開8時間超え練習 ファン500人とはハイタッチ

夕日を浴びながらロングティーをする清宮
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18=早実)が9日、新人合同自主トレ初日に、8時間超えの練習を行った。新人7選手全員で約2時間のメニューをこなし、午後のトレーニング講習の座学を挟み、約2時間、ロングティーなど個別で打撃練習を行った。計261スイングを行うなど、規格外の猛トレでプロ選手のスタートを切った。

 勇翔寮に併設された室内練習場の外は真っ暗だ。明かりがともる室内には、清宮が黙々と打ち込む打撃音が響き渡った。合同自主トレメニューである午前中のティー打撃などの58スイングでは物足りず、午後から個別に打撃練習を課して計261スイング。練習を終えたのは午後6時の夕食10分前だった。

 「いつもこれくらい打っているので別にって感じです。(疲れは)ない。遅くまで本当にすみません」

 無邪気な笑顔を浮かべて引き揚げたが、岩舘学スカウトは「(練習パートナーを務めたドラフト4位の)難波が壊れてしまわないか心配」と話すほどのハードワークだった。

 居残り練習が始まったのは午後3時35分。先輩選手も自主トレで遠慮して、立ち入っていない整備された内野グラウンドでのロングティーを球団に申請し、難波とともにバットを抱えて足を踏み入れた。自主トレ初日から8時間超えの練習は、この日の7球団の新人合同自主トレの中でも最長。しかも練習に妥協がない。柵越えを6本放った清宮は「(室内だと)どれくらいパワーを出しているのか分からないから」と平然と言った。

 早実魂を持っての始動。赤と黒のジャージーや、打撃用手袋など、野球道具の至る所に早実カラーのえんじ色がちりばめられていた。「長い目で見たときにあの日が懐かしいなと、いい思い出だったなという人生にしたい。初心を忘れずにやりたい」と踏み出したプロへの第一歩。午前の練習後には集まった約500人のファンとハイタッチ。粋なファンサービスもプロの志を示したものだった。

 40社121人の報道陣が一挙手一投足を追う中でも「細かいところまで皆さんに見られて引き締まる。もちろん1軍で(活躍を)という気持ちはある」と言った。そのスタートは、スケールも、度胸も、行動力も、全てが規格外だった。 (東尾 洋樹)

[ 2018年1月10日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:02月24日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム