PR:

立命大の今秋ドラフト候補・辰己始動 体脂肪率5%の「ガリマッチョ」

9日に始動した今秋ドラフト候補の立命大・辰己(右)と山上
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト候補の立命大・辰己涼介主将(3年)が9日、京都市の柊野総合グラウンドで始動した。リーグ戦通算83安打を誇る関西No.1外野手は、進路をプロ1本に絞り「1位で行きたい」と決意を語った。

 プロ入りを目指す以上、高いハードルを自身に課した。それは関西学生野球連盟の最多安打123(関学大・田口壮)の記録更新だ。「100安打は春のうちに達成したいです。123安打も目指します」。大目標に加え、(1)春と秋で3本塁打ずつ(2)首位打者(3)春秋ベストナイン選出も公約に掲げた。

 1メートル80、73キロと細身だが、スイングスピードが速い左の巧打者は2年時から侍ジャパン大学代表入り。3度の国際舞台を踏んだ。昨年はユニバーシアード優勝に貢献したが、衝撃の一発は16年の日米野球第5戦だ。151キロ直球をバックスクリーンへ放り込んだ。

 今季から立命大で主将を務める。後藤昇監督は「誰を置いても能力が高いのが辰己。挨拶やグラウンド整備などもみんなにきっちりと言えるのがいい」と成長を実感する。イチローを尊敬する天才肌の男がチームを引っ張っている。

 「ガリマッチョに仕上がった」という肉体は、驚異の体脂肪率5%。同じくドラフト候補に挙がる最速149キロ右腕・山上とともに大学日本一を狙う。(吉仲 博幸)

 ◆辰己 涼介(たつみ・りょうすけ)1996年(平8)12月27日生まれ、兵庫県神戸市北区出身。藤原台小1年から「神戸北リトル」で野球を始め、投手、遊撃手、外野手。小3から「大淀ボーイズ」でプレー。有野中では「神戸三田ドジャース」に所属。社では1年秋からベンチ入りしたが、甲子園出場なし。立命大では1年春からリーグ戦に出場。50メートル走5秒7。遠投125メートル。侍ジャパン大学代表。1メートル80、73キロ。右投げ左打ち。

[ 2018年1月10日 06:35 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:02月23日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム