サブカテゴリー

PR:

得意の高め仕留めそこねた…阿部「あしたちゃんと」

セ・リーグCSファイナルS第1戦  巨人1―3中日 (10月17日  東京D)

巨人・阿部は空振り三振に倒れ4打数無安打に終わる
<巨・中>8回2死、巨人・阿部は空振り三振に倒れ4打数無安打に終わる
Photo By スポニチ

 こんなはずではなかった。レギュラーシーズンで打率、打点の2冠王に輝いた巨人・阿部が、完全に封じ込められた。

 「反省してもどうしようもないから、あしただね。あしたちゃんと対策を練ってやるしかない」

 中日先発・大野の立ち上がり。初回1死一、二塁といきなり攻め立てる。打席には阿部。これ以上ない場面だったが二ゴロ。中日・権藤投手コーチが「正直、初回につぶれてもおかしくなかった」とポイントに挙げた場面だ。阿部は初球、外角高めの142キロの直球をファウル。さらにフルカウントからの6球目、外角高めの139キロの直球もファウルにした。狭い東京ドーム、さらに阿部のような長距離砲には低めを攻めるのが定石。そこを逆に本来得意の高めを投げ込まれ、面食らったのか。橋上戦略コーチは「ちょっと強引にいきすぎたところもあり、捉えきれなかった。(試合の)間が空いていた部分もあった」と阿部を含め、わずか単打5本に終わった打線全体をそう評した。

 阿部は4回に遊直、6回は右翼フェンス手前の右飛と紙一重の打球が続いた。ただ、原監督が「慎之助のチーム」と言うだけに、得点源の阿部が沈黙すれば打線は活気づかない。

 「中日とはいつもこういう試合展開。1本出るかどうかで、きょうは向こうが上回った」と原監督。初戦を落としたが、アドバンテージの1勝を含めればタイ。仕切り直しだ。

 ≪初戦は中日相手に5連敗≫巨人は黒星スタート。CSファイナルSの初戦は07、08、09、10年に次ぎ、全て中日相手に5連敗となった。この日は中日4投手の継投の前に5安打で1点のみ。CSの巨人の安打としては09年ファイナルSの中日(1)戦、10年同中日(2)戦と並ぶ最少タイだ。また、巨人がCSで本塁打ゼロは5度目だが、その試合に全て敗戦。短期決戦では一発頼みになっている。 試合結果  CS日程&結果

[ 2012年10月18日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

PR

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

人気ニュースランキング

    ※集計期間:

    » 続き

    【楽天】オススメアイテム
    クイックアクセス

    スコア速報

    特集

    選手名鑑

    オススメ

    スペシャルコンテンツ