IOC、コーツ理事が副会長に 後任理事はデフランツ委員

[ 2013年9月11日 08:35 ]

 国際オリンピック委員会(IOC)は10日、ブエノスアイレスで開いた総会で役員を一部改選し、任期満了となったセルミャン・ウン副会長(シンガポール)の後任に、オーストラリア・オリンピック委員会会長のジョン・コーツ理事の就任を決めた。立候補は1人で、投票で信任された。

 コーツ氏の後任を選ぶ理事選には3人が立候補し、元副会長のアニタ・デフランツ委員(米国)が2001年以来の理事会復帰を決めた。トゥンク・イムラン委員(マレーシア)が落選後の決選投票で、ディック・パウンド委員(カナダ)を41票―40票で退けた。

続きを表示

「東京五輪」特集記事

「パラリンピック」特集記事

2013年9月11日のニュース