×

カネロ 計量パス、勝てばVSゴロフキン WBA世界Lヘビー級タイトルマッチ

[ 2022年5月8日 05:30 ]

前日計量を行ったサウル・“カネロ”・アルバレス(左)とドミトリー・ビボル(AP)
Photo By AP

 ボクシングのWBA世界ライトヘビー級タイトルマッチの前日計量が6日、米ネバダ州ラスベガスで行われ、スーパー王者ドミトリー・ビボル(ロシア)は79・2キロ、挑戦者の4団体統一世界スーパーミドル級王者サウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)は79・1キロでパスした。

 4階級制覇のカネロがライトヘビー級で戦うのは約2年半ぶり。今回勝てば、4月に村田諒太(帝拳)を破ったミドル級2団体統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と9月に3度目の対戦が内定している。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年5月8日のニュース