×

亀田和毅 世紀の一戦を控える武尊との練習でパンチ強化などアドバイス「賭けてる思いが伝わってきた」

[ 2022年4月28日 20:05 ]

武尊と亀田和毅(右)
Photo By スポニチ

 プロボクシング元世界2階級王者でWBA世界スーパーバンタム級5位の亀田和毅(30=TRY BOX 平成西山ジム)が28日までに自身のYouTubeチャンネルを更新。6月19日の「THE MATCH 2022」(東京ドーム)でRISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)との世紀の一戦に臨むK―1史上初の3階級王者で現スーパー・フェザー級王者・武尊(SAGAMI―ONO KREST)と練習したことを明かした。

 和毅は、武尊とどんな練習をしたのかは言えないが「天心はサウスポーやんか。ボクシングのスピードでやればパンチ力もあるからサウスポーに何が当たるのか、どのパンチが当たるのか、倒せるパンチ、これやったら当たるってパンチなどアドバイスした」と明かした。武尊と練習するにあたって天心の映像を見て研究して「癖とかもあるからそれを言ってアドバイスしたから。これをやったら絶対に倒せるよっていうパンチをちょっと教えてん」と天心対策に加えてパンチ強化の部分で色々とアドバイスしたという。

 武尊の練習姿勢には驚いたという。「めちゃめちゃ真面目。めっちゃ追い込むし、この試合に賭けてる思いが伝わってきたもんな。ホンマに今回に賭ける思いは全然違うと思うで。むっちゃ強いで」と試合に賭ける思いが練習にも出ていると語った。さらに「武尊はこの試合に全て賭けてるから。天心も賭けてるけど次にボクシングに行くなど考えはあるやんか。これで終わったってまだまだあるんやから。この試合に賭ける思いが全然違うから」と力説した。

 それだけ気持ちの強さが違う武尊が倒してこの試合を制すと勝敗予想をした亀田。ルールは那須川の方が有利だと明言したが「3R以内にKOして終わると思う。気持ちがやっぱり違う」と語った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年4月28日のニュース