尾川堅一 手違いでベルト持ち帰れなかった!? IBF世界スーパーフェザー級新王者が帰国

[ 2021年11月30日 05:30 ]

帰国した尾川堅一。手違いでベルトはなかったが笑顔
Photo By スポニチ

 プロボクシングIBF世界スーパーフェザー級新王者となった尾川堅一(33=帝拳)が29日に帰国した。米ニューヨークで行われた王座決定戦で同級2位アジンガ・フジレ(25=南アフリカ)に3―0で判定勝ちして王座を獲得。

 用意されていたベルトが手違いでIBFインターナショナル王座のものだったため、ベルトは持ち帰れなかったが、4年前の“雪辱”を果たし、晴れやかな表情。「全身筋肉痛です」と笑い、「隔離もあるので、年内ぐらいはゆっくりしたい」と話した。帝拳ジムの本田会長によると、次戦は来年3月に国内で予定されているという。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年11月30日のニュース