朝倉未来 左膝半月板を負傷「歩けないぐらい」ドクターストップかかっていた ABEMA1000万円企画

[ 2021年11月21日 15:02 ]

後藤祐樹にパンチを打ち込む朝倉未来(C)AbemaTV, Inc.
Photo By 提供写真

 格闘家の朝倉未来(29=トライフォース赤坂)が3人の挑戦を受けたABEMA「朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円」から一夜明けた21日、自身のYouTubeチャンネルを更新。途中、左膝の半月板がズレ、ドクターストップがかかっていたことを明かした。

 2人目の挑戦者となったアイドルグループ「EE JUMP」元メンバー・ユウキこと後藤真希(36)の弟・後藤祐樹(35)の頭が膝に当たり、左膝の半月板がズレたという。3人目のBigbangウェルター級王者モハン・ドラゴン(44=ネパール/士魂村上塾)との対戦はドクターストップがかかった。

 朝倉は「今、マジで痛くて、歩けないぐらい。ドクターストップされていた。モハン・ドラゴンはやめた方がいい、みたいな。でも、みんな見てるしさ。やるしかない。気合で行ったっていうね。(ケガしているように)見えなかったでしょ。でも、めっちゃ痛いのよ、今。『既にズレています』って言われたから、ドクターが来て。『やめた方がいいです』って言われたんだけど。あそこでやめたら批判来るし、何しても批判されるからさ。難しいところで」と振り返った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年11月21日のニュース