浅倉カンナ、7カ月ぶり再起戦へ24歳誕生日に公開練習「大人の女性になりたいので…」

[ 2021年10月12日 15:24 ]

RIZIN.31に向けてオンラインで公開練習を行った浅倉カンナ。この日は24歳の誕生日でケーキを贈られ笑顔
Photo By スポニチ

 総合格闘技イベント「RIZIN.31」(24日、ぴあアリーナMM)に出場する浅倉カンナ(24=パラエストラ松戸)が12日、オンラインで公開練習を行った。浅倉は女子MMAルール5分3R(49キロ契約)で、DEEP女子ミクロ級&DEEP JEWELSアトム級の2冠王者・大島沙緒里(26=AACC)と対戦する。

 3月の「RIZIN.27」で女子スーパーアトム級王者・浜崎朱加(39=AACC)に挑戦したが、判定1―2で惜敗し、今回が7カ月ぶりの再起戦。浅倉は「いつもより早めに減量を始め、すごく調子は良いので試合が楽しみ」と好調をアピールし、「レベルの違いを見せられたら」と意気込みを語った。

 対戦相手の大島については「極め力が強いし、柔道出身なので体も強い」と印象を語り、「相手の得意な部分で勝負して問題がないように練習をしてきた。理想はKOか1本勝ち。打撃を強化してきたのでKOで勝ってみたいというのはある」と自信を示した。

 前回敗れた浜崎と同門の大島との戦いは、浅倉にとって再挑戦への第1歩でもある。この日、24歳の誕生日を迎えた浅倉は「大人の女性になりたいので、良い勝ち方をして24歳の良いスタートを切りたい。また挑戦できるように一つ一つ積み重ねていく」と抱負。減量中のため、「ケーキは食べられない」と話していたが、サプライズでバースディーケーキを贈られ、笑顔を見せた。 

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年10月12日のニュース