男子ウエルター級・岡沢 判定惜敗で準々決勝進出ならず…「必ず借りは返す」

[ 2021年7月28日 05:30 ]

東京五輪第5日 ボクシング ( 2021年7月27日    両国国技館 )

男子ウェルター級2回戦を戦った岡沢(AP)
Photo By AP

 男子ウエルター級の岡沢は2回戦で12年ロンドン五輪ライトウエルター級金メダリストのイグレシアスに判定2―3で屈し、準々決勝進出を逃した。

 ジャッジ5人のうち2人が岡沢勝利としたが、28―28と採点した3人がいずれも相手の優勢としたため惜敗。4月からスポンサー約20社の支援を受けて活動し、競技の知名度向上を使命に掲げる“プロのアマチュアボクサー”は「必ず借りは返す。支えてくれる方に恩返しをしたい」と雪辱を誓った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年7月28日のニュース