八重樫東氏、アスリート支援プロジェクト拡大へクラウドファンディング実施

[ 2021年7月23日 18:55 ]

アスリート支援事業のため、クラウドファンディングを実施する八重樫東氏(提供写真)
Photo By 提供写真

 プロボクシングの元世界3階級制覇王者・八重樫東氏(38=大橋)が24日からアスリート支援事業のため、クラウドファンディングを実施する。プロジェクト名は「アスリートに悔いのない現役生活を」で、目標額は400万円。9月2日まで実施する。

 長引くコロナ禍で仕事を失ったり、スポンサー撤退により、夢を諦めるアスリートは少なくない。ゴールが見えない中、スポーツで人生を切り開いてきた八重樫氏が、できることとして行き着いたのが2016年から続けてきた「軽貨物運送」を通したアスリート支援プロジェクトの拡大だったという。

 八重樫氏は「僕が大切にしているのは、『競技のために働く』という考え方です。これまでも、このプロジェクトを通じて、試合がない期間に集中的に仕事をしている後輩が日本タイトルに挑戦したり、現役レーサー、ソフトボール選手があいた時間にドライバーとして収入を得る環境を作ることができました。スポーツ選手が輝ける時間は決して長くありません。ただ、僕の力では限界があります。より多くの方にご支援頂きたく、様々なリターンをご用意しました。思いをご理解いただき、何卒、よろしくお願いいたします」とメッセージを寄せた。

 リターンにはオリジナルの「激闘王Tシャツ」「激闘王タオル」や、世界戦で使用した貴重なリングシューズ、トランクスのほか、八重樫氏とマンツーマンでのトレーニング権、強いメンタルの作り方などを伝える講演の権利など用意されている。

 プロジェクトURLはhttps://camp-fire.jp/projects/view/415388

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年7月23日のニュース