鈴木雅弘、プロ6戦目で日本王座獲得! 永田に10回TKO勝利

[ 2021年6月10日 22:07 ]

<日本スーパーライト級タイトルマッチ>永田大士(左)を攻める鈴木雅弘。10回TKO勝ちで王座を獲得した
Photo By スポニチ

 プロボクシング日本スーパーライト級タイトルマッチ10回戦は10日、東京・後楽園ホールで行われ、同級5位の鈴木雅弘(25=角海老宝石))が王者・永田大士(31=三迫)に10回2分9秒分TKO勝ち。プロデビューから6戦目で日本王座を獲得した。

 最終回の残り1分を切ったところで永田陣営から棄権の申し入れがあり、レフェリーが試合をストップ。鈴木はコーナーポストに登って両手を突き上げ、喜びを爆発させた。

 「何があったかは分からなかったけど、うれしくて…。後はよく覚えてないです」

 序盤から激しく打ち合い、削り合う消耗戦。鈴木は心は熱く、頭は冷静に対処した。「前日の会見で永田選手が『クリンチはしない』と言っていたので、前に出てくるのは想定していた。左からパンチを入れてくるので左で対処しようと。対角線上で勝負すること、前に出て止めることを意識しました」。5回を終えて公開された採点はほぼフルマークで鈴木がリード。だが、「イーブンぐらいの感覚だった」と振り返る。後半は気持ちの勝負に「心が折れそうになった」と言いながらも踏ん張った。

 駿台学園高、東京農業大学とアマチュアエリートの道を歩んできた。だが、小学5年でボクシングを始めたきっかけはダイエットだった。当時すでに体重60キロ体重超。今も甘いものが大好きで、計量前日に体重がリミットに入ったため、アイスクリームを2個食べたが、それが災いして若干オーバーし、計量ではパンツを脱ぐはめになった。「恥ずかしい思いをした」と苦笑いしたが、それも王座獲得で全て吹き飛んだ。田部井要トレーナーから「アイスいこうか~」と誘われ、満面の笑みを浮かべた。 

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年6月10日のニュース