“尚弥の恋人”木村蓮太朗、連続KOストップも「自分のボクシングできた」

[ 2021年6月10日 20:09 ]

<フェザー級6回戦>フルマークの判定勝ちで、デビュー4連勝を飾った木村蓮太朗
Photo By スポニチ

 プロボクシング興行「ダイヤモンドグローブ」は10日、東京・後楽園で行われ、セミファイナルのフェザー級6回戦で木村蓮太朗(23=駿河男児)は福永輝(22=沖縄ワールドリング)に3―0で判定勝ちし、プロデビューから4連勝を飾った。

 東洋大ボクシング部主将を務め、個人でもアマチュア3冠の実績を持つ木村は、右ジャブからの組み立てで序盤から主導権を握った。被弾覚悟で前に出て左右を強振する福永を仕留めることが出来ず、連続KO勝利は3でストップしたが、ジャッジの採点は3人全員が60―54と、フルマークの完勝だった。

 「去年の3試合とはレベルが違うぐらい相手が強くなっていた。アマチュアにもいないタイプで、打ち合っても負けない自信はあったけど、勝つために距離をとることを意識した。しっかり自分のボクシングをすることはできた」

 3月末からロンドン五輪銅メダリストで、現東洋太平洋&WBOアジアパシフィック・フェザー級王者の清水聡(大橋)、前WBOアジアパシフィック同級王者の森武蔵(薬師寺)とスパーリングを実施。そしてWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)とパートナーも務めた。前日に井上と計42ラウンドのスパーを行ったと話していたが、「実は36ラウンドでした」と修正申告。「でも最長8ラウンドを2回できたし、本当に自信になった」と改めて振り返り、「静岡県初の世界チャンピオンを目指している。全国に名前を知ってもらえるように頑張ります」と飛躍を誓った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年6月10日のニュース