【RIZIN】朝倉未来 6・13東京ドーム大会でクレベル・コイケと対戦「KOしたい」

[ 2021年5月4日 15:55 ]

RIZIN.28での対戦が決まった朝倉未来(左)とクレベル・コイケ
Photo By スポニチ

 総合格闘技イベント「RIZIN.28」(6月13日、東京ドーム)の追加カード発表会見が4日、都内のホテルで行われ、朝倉未来(28=トライフォース赤坂)がボンサイ柔術の異端児クレベル・コイケ(31=ブラジル)と対戦することが発表された。

 朝倉は昨年11月のRIZIN初代フェザー級王座決定戦で斎藤裕(33=パラエストラ小岩)に敗れ、王座獲得に失敗したが、大みそかに元DEEP王者の弥益ドミネーター聡志(31=teamSOS)にKO勝ちして再起を飾った。斎藤の持つベルト奪取に向けての前哨戦へ朝倉は「残り1カ月半近くあると思うので、今まで一番追い込んで良い試合をしたい」と静かに意気込みを語った。

 2人は5、6年前にスパーリングで拳を交えたことがあるというものの、朝倉は「昔過ぎて印象が残っていない」と話しつつ、「世界で戦って戦績を見ても驚異のフィニッシュ率をみても、とても危険な相手」と警戒。「ずっとプレッシャーを与え続ける展開にしたい。KOしたいですね」と勝利を誓った。

 東京ドーム大会では未来の弟で前RIZINバンタム級王者・朝倉海(27=ライフォース赤坂)も出場するRIZINジャパンGPバンタム級トーナメント1回戦の4カードが既に発表されている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年5月4日のニュース