高山 決意の渡米、世界2階級獲りへ「思い切り暴れる」

[ 2021年5月4日 05:30 ]

WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ   王者エルウィン・ソト《12回戦》同級11位・高山勝成 ( 2021年5月8日    米テキサス州アーリントン )

世界2階級制覇を目指し米国へ出発した高山勝成
Photo By 提供写真

 元世界ミニマム級主要4団体王者の高山勝成が3日、世界2階級制覇を目指して渡米した。

 「短い準備期間でしたが、今できるベストは尽くして米国に向かいます。リングの上で思い切り暴れてタイトル奪取します」とコメント。王者ソトとの対戦が具体化したのは試合3週間前で、そこから約6キロの減量だったが、中出博啓トレーナーは「勝負できる態勢はできました」と自信を見せる。16年8月にWBO世界ミニマム級王座決定戦で勝って以来約5年ぶりの世界戦。円熟の技術で若い王者を仕留める。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年5月4日のニュース