RIZIN榊原CEOが断言! 6・13東京ドーム大会は「無観客でもやる」

[ 2021年4月30日 16:55 ]

RIZIN.29で開催されるワンナイト・トーナメントの出場選手。左から高橋亮、皇治、榊原CEO、白鳥大珠、梅野源治
Photo By スポニチ

 総合格闘技イベント「RIZIN.29」(5月30日、丸善インテックアリーナ大阪)の追加カード発表会見が30日、東京都内のホテルで行われた。榊原信行CEOは6月13日に東京ドームで開催予定の「RIZIN.28」についても言及。東京ドーム大会は当初5月23日に予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大により、4都府県に緊急事態宣言が発令されたことを受け、3週間スライドされた。

 榊原CEOは「6月13日は何があってもやる。それを決めないと前に進めない。もちろん国や行政の指導には従うが、無観客でもやる」と再延期はないことを強調。「覚悟を決めて選手とともに前に進もうと思っている」と宣言した。

 また、外国人選手の入国に関しては、スポーツ省や入国管理局、厚生労働省に働きかけていることを明かし、「最後まで諦めずにチャレンジする。今の時点で諦めることはない。緊急事態宣言によってコロナ感染者数が減っていくことを期待している」と話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年4月30日のニュース