高山 2階級制覇へ 米で5月に5年ぶり世界戦「ベスト尽くして戦う」

[ 2021年4月30日 05:30 ]

WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ   王者エルウィン・ソト《12回戦》同級11位・高山勝成 ( 2021年5月8日    米テキサス州アーリントン )

世界2階級制覇への挑戦が正式決定した高山勝成(提供写真)
Photo By 提供写真

 プロボクシングの元世界ミニマム級主要4団体王者の高山勝成が、5月に米国で世界2階級制覇に挑戦することが29日、発表された。16年8月のWBO世界ミニマム級王座決定戦以来5年ぶりの世界戦に高山は「タイトル奪取、2階級制覇のためにベストを尽くして戦います。勝利してライトフライ級戦線に乗り込む決意です」とコメント。

 対戦交渉が進展したのが試合の約3週間前と準備期間が短いが、高山は「打診されて“やる”と答えたまで」と20年超のキャリアを生かし、急ピッチで調整を進めている。5月3日に渡米予定。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年4月30日のニュース