RIZINバンタム級トーナメント組み合わせ 朝倉海は渡部修斗と初戦

[ 2021年3月26日 17:47 ]

RIZINジャパンGP2021バンタム級トーナメントに出場する朝倉海
Photo By スポニチ

 総合格闘技のRIZINは26日、5月23日から開催する予定のRIZINジャパンGP2021バンタム級トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会を都内のホテルで開き、出場16選手の対戦カードが決定。前RIZINバンタム級王者・朝倉海(27=トライフォース赤坂)は渡部修斗(32=ストライプル新百合ヶ丘)と対戦することが決定した。

 バンタム級のジャパンGPは榊原信行CEOが5月23日に予定する東京ドーム大会からトーナメント1回戦をスタートし、大みそかに決勝を行う構想を明かしていた。朝倉は昨年8月に王座獲得も大みそかに堀口恭司(30=アメリカン・トップチーム)に敗れて陥落。21日に日本ガイシホールで開催された「RIZIN.27」のリング上での榊原CEOの要請に、参戦を宣言していた。

 1回戦の対戦カードは以下の通り。

朝倉海(27=トライフォース赤坂)VS渡部修斗(32=ストライプル新百合ヶ丘)

扇久保博正(33=パラエストラ松戸)VS春日井寒天たけし(32=志村道場)

石渡伸太郎(36=CAVE)VS井上直樹(23=セラ・ロンゴ・ファイトチーム)

元谷友貴(31=フリー)VS岡田遼(31=パラエストラ千葉)

瀧澤謙太(26=フリー)VS今成正和(45=Team ROKEN)

金太郎(27=パンクラス大阪稲垣組)VS伊藤空也(24=BRAVE GYM)

倉本一真(34=修斗GYM東京)VSアラン“ヒロ”ヤマニハ(34=ブルテリア・ボンサイ)

獅庵(33=パラエストラ大阪)VS大塚隆史(34=T GRIP TOKYO)

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年3月26日のニュース