×

K―1フェザー級王者・江川、椿原に昨年のリベンジ誓う「ぶっ倒す」

[ 2021年3月21日 05:30 ]

フォトセッションに臨む江川優生(左)と椿原龍矢(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 「K―1 WORLD GP 2021 JAPAN~K’FESTA.4 Day.1~」(21日、東京ガーデンシアター、スポニチ後援)の前日計量と会見が行われ、メインのK―1フェザー級タイトルマッチに臨む王者・江川優生(23)がプライドを捨てて闘う覚悟を示した。

 昨年9月のノンタイトル戦で判定負けした椿原龍矢(21)との再戦。「自分はチャンピオンじゃない。挑戦者らしい戦いをしてぶっ倒す」と完全決着を誓った。所属ジムの先輩でボクシングに転向した武居由樹(24)は11日のデビュー戦で1回TKO勝ちしており「(武居に)並べるようないい試合をしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2021年3月21日のニュース