カネロ、前日計量クリア「私が期待している唯一のことは勝つこと」

[ 2021年2月27日 10:22 ]

WBA世界ミドル級スーパー王者サウル・アルバレス(AP)
Photo By AP

 プロボクシングのWBA&WBC世界スーパーミドル級タイトルマッチ12回戦の前日計量が26日(日本時間27日)、米フロリダ州マイアミで行われ、統一王者の“カネロ”ことサウル・アルバレス(30=メキシコ)、挑戦者でWBC2位、WBA9位のアヴニ・イルディリム(29=トルコ)はともに167・6ポンドリ(約76・0キロ)でパスした。

 試合はNFLマイアミ・ドルフィンズの本拠地ハードロック・スタジアムで行われるが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で観客は1万5000人に制限される。

 陣営は5月にラスベガスでWBO王者ビリー・ジョー・ソーンダース(31=英国)との統一戦を行う準備を進めており、カネロは「私が期待している唯一のことは勝つこと。勝つという目標を前進させ続けるだけだ」と語った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年2月27日のニュース