IBF世界ミドル級王者ゴロフキン、12・18防衛戦 VSシェルメタ

[ 2020年11月26日 05:30 ]

17年9月、サウル・アルバレス(右)を攻めるゲンナジー・ゴロフキン(AP)
Photo By AP

 IBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が12月18日の米フロリダ州ハリウッドで同級3位カミル・シェルメタ(ポーランド)と防衛戦を行うことが24日、発表さた。

 当初2月に予定されていた指名試合は、新型コロナウイルスの影響で延期となっていた。翌19日にはゴロフキンが過去1分け1敗の4階級制覇王者サウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)がWBA世界スーパーミドル級スーパー王者カラム・スミス(英国)と対戦予定で、ともに勝てば来年の「第3戦」実現が注目される。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2020年11月26日のニュース