JBC 全興行の中止検討視野 国内での感染拡大状況踏まえ

[ 2020年11月24日 05:30 ]

 プロボクシングでは7月の興行再開にあたりガイドラインを作成し、前日計量でPCR検査などを義務づけた。10月に選手らの感染が判明した際は当該試合を中止。今月2日にWBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(26=ワタナベ)の感染が判明した際は世界戦以外の試合も全て中止した。

 JBCの安河内事務局長は国内で感染拡大の状況を踏まえ「無観客や(全国一律)興行中止を検討しないといけない段階かも」と危機感をにじませた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2020年11月24日のニュース