内山高志氏 地元・春日部のジムお披露目「もっと盛り上げていく」

[ 2020年7月11日 14:13 ]

「KOD STUDIO」のレセプションであいさつする内山高志氏(右)。左は田口良一氏
Photo By スポニチ

 プロボクシングのWBA世界スーパーフェザー級スーパー王座を11度防衛した内山高志氏が埼玉県春日部市にオープンさせたフィットネスジム「KOD STUDIO」のレセプションパーティーが11日、衆議院議員の土屋品子氏、春日部市の石川良三市長ら50人が出席して行われた。

 内山氏は現役引退後の2018年12月に東京・四谷に「KOD LAB」をオープン。今年2月中旬には出身地である春日部市に「KOD STUDIO」を開設したが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で休業を余儀なくされ、6月に営業を再開したばかり。5カ月遅れでの正式な“お披露目”となった。

 現役時代に春日部市の名誉市民となり、現在も「かすかべ親善大使」を務める内山氏は「何か少しでも貢献できれるような、盛り上げるようなことができればと思って春日部で(ジムを)やろうと思っていました。その夢がかなったわけですけど、今、春日部全体が落ち込んでいるところがあるので、もっともっと盛り上げていくために頑張っていきたいと思います」とあいさつした。

 コロナ禍で休業した影響で退会者も多く、現在の会員数は80人程度だが、内山氏は「ここからが再スタート。200人ぐらいまで増やしていきたい。じわじわ上げていけたら」と話した。内山氏自身は「KOD LAB」に居ることが多いものの、週1回は「KOD STUDIO」に顔を出しており、今後はその回数を増やすことも示唆した。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年7月11日のニュース