“アマ8冠”中垣プロ転向!5・28デビュー「2年で世界王者になりたい」

[ 2020年2月20日 05:30 ]

大橋ジムからプロデビューすることを発表した中垣龍汰朗(中)。左は松本好二トレーナー、右は大橋秀行会長
Photo By スポニチ

 大橋ボクシングジムはアマ8冠の中垣龍汰朗(20)が同ジムからプロ転向すると発表した。3月11日にプロテストを受験し、5月28日にデビューする予定。中垣は宮崎・日章学園高時代に国際大会を含め8大会で優勝した期待のサウスポー。目標としていた東京五輪出場を逃したことからプロ転向を決意し、東農大を中退した。

 中垣は大橋ジムを選んだ理由を「強い先輩方の練習を肌で感じることが成長につながると思った」と説明。「2年で世界王者になりたい。それだけの練習をしたい」と決意を語った。プロではスーパーフライ級で戦う意向。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年2月20日のニュース